先日、NHK全国放送でも取り上げられました「スケッター」という介護領域の
スキルシェア・シェアエコサービスを通じて素敵な繋がりをいただきました。

 

▼スケッターとは

 

もともと、スケッターさんの中にあるメッセージ機能で

「失礼でなければ父のために作成した『懐かしの歌声大全集』CDを寄付し
たいのですが…」と素敵すぎる提案をあるスケッターさんから頂きました。

失礼なんてとんでもない。

結の樹天白にはカラオケが大好きなご利用者様がたくさんいらしていて、月に
一回開催している「スナックYUINOKI」ではマイクの奪い合いが殺到している
有様ですw

そんな住宅型有料老人ホームに『懐かしの歌声大全集』なんて素敵なものが
届いたら、皆さんの笑顔が溢れっぱなしですww

たくさんのCDやカセットテープを寄贈いただいたので、食堂で聴いたり、お部
屋にあるプレイヤーで聴いたり、あちらこちらで懐かしの曲を楽しんでいます♪

 

 

それだけでも嬉しすぎるのに、今回の経緯をわかりやすく寄贈して頂いたご本人
のブログにて活動紹介してくださいました。

 

」」」」」」」」」」」」」」」」」

気になるブログはこちら
↓↓↓
https://ameblo.jp/46327777/

」」」」」」」」」」」」」」」」」

 

大好きなスケッターについても、弊社についてもわかりやすく愛情たっぷりの内
容で記載されており、目頭が熱くなりました。本当にありがとうございました。
今日もおやつ前からカラオケが白熱して、小一時間の予定が軽く2時間を超える、
音レクリエーションになりましたw

今後とも末長いお付き合い、応援のほどよろしくお願い致します。

 

そして、せっかくですので【スケッター】について少しだけ…

 

介護はしない。空いている時間に、自分の得意なことだけで参加する。こうした
スキマワーカーと介護施設をマッチングすることで、介護業界の関係人口を増や
していくことが狙いのスケッター。

そんな世界を実現するのが2019年2月末に試験運用を開始した介護版スキルシェア
のSketter(スケッター)。株式会社プラスロボの代表取締役CEO、鈴木亮平さん
が運営するスキルシェアサービスです。令和3年3月30日にもNHKニュースウォッチ
9にて取り上げられ全国放送されました。

 

介護業界内で同じ人材を転職でグルグル回すのではなく、外部から参加者を増やす。
業界街を巻き込む「福祉との関わり方デザイン」を追求していきます(鈴木亮平)

 

今回、弊社で花見プロジェクトお手伝いや、はたらくデイサービス「お仕事一緒に
考える」案件について、スケッター募集かけたところ一瞬にして応募が埋まりまし
た。(ご応募頂き、ご希望に添えなかった皆様、またの機会にお願いします🙇‍♂️)

私が思っていた以上に、介護業界について興味がある人がたくさんいるのだと実感
しました。今までマッチングできていなかっただけ。介護に興味がある方々に適切
に情報発信や介護の魅力をお伝えできれば、#一億総福祉人 を夢ではないと思いま
す。少しでも面白そうだな…と思った人!求人が集まらなくて差別化に困っている
経営者の皆さん!!

まずは「スケッター」を登録してください。

信じられないくらい素敵な繋がりが創出されます。凝り固まった価値観を変えるチャ
ンスが生まれます。行動を起こさなければ何も変わりません。

みんなで「#介護職を憧れの職業に」していきましょう。

3